(2013年10月8日)

ブランド品の高級スーツ

Author: editor

親戚の結婚式に出席するために奮発をして購入したブランド物のスーツがある。
自分で購入した衣類の中で一番の高額商品である。
結婚式用の服を購入しに出かけた時にブランド店のショーウィンドーにディスプレイしてあったもので衝動買いに近い買い物であった。
購入したことを後悔している訳ではないが、結婚式の時に一度着用しただけでそれ以後はクローゼットに保管したままである。着用予定があるわけではないが捨てるに捨てられない一着となっていた。



そんな中、知人の結婚式の招待状が届いた。
そこで思い出したのがブランド物のスーツである。
数年前のものなので丈等に若干不安があり、お直しをして着用することにした。リメイクも考えたのだが、ブランドものなので余計な手を加えることに抵抗があった。丈詰めが程度が許せるリメイクの範囲である。
ブランドのロゴが入っているわけではないので他人には価値がわからないスーツだが、自分の中では高級品だという思いがやはり抜けきらない一品となっている。恐るべしブランド威力であるブランド品は値段が高いものが多いのですが、使ってみることで魅力を理解することができます。
同じような商品であれば値段が安いものを選びますが、値段が高いブランド品を購入する人が多いのは商品が魅力的だからです。丈夫で使いやすいからこそ多くの人から愛されますし、長い間人気を保ち続けることが可能なのです。ブランド品を購入するのは簡単に決定できることではありませんが、魅力を理解するためにも一度購入する必要があるのです。


値段が安いものだけを選んで購入する人は沢山いますが、安いものは簡単に壊れてしまっても文句が言えません。ブランド品であれば一度購入することで長い期間使うことができますし、安い商品に比べてデザインも機能性もこだわっているのです。値段が高いから商品が優れているとは限りませんが、ブランド品だからこそ多くの人に納得のいく商品を提供しています。信頼されるためにこだわって作られているので、ブランド品を使ったことがない人は試しに購入することが重要なのです。